大日石仏だいにちせきぶつ(門前の石仏)

臼杵の石仏とは、一般的に深田にある国宝の摩崖仏群を指しますが、実は秋の紅葉で有名な白馬渓に向かう途中にある門前にも7体の摩崖仏が彫られているのをご存知でしょうか。

門前石仏外観
最終更新日:2020年12月28日
大日石仏までのアクセスと基本情報

臼杵駅からバスでは、臼津交通野津市行きで白馬渓バス停下車15分。バス停から北へ進み、馬代橋まだいばしから臼杵川の下流へ小道を少し戻ると、田畑の途中に案内版が立っています。徒歩5分ほど。臼杵駅から自転車を使えば25分ほどです。

大日石仏入り口から

緑のピンは白馬渓バス停、黄色のピンは馬代橋、ピンクのピンは大日石仏の入り口を示しています。

住所 〒875-0061 大分県臼杵市大字前田
電話 特に情報なし
拝観料 拝観自由
拝観時間 特になし
大日石仏の見どころ

入口から道づたいに進むと、深田にある国宝、臼杵石仏と同様に摩崖仏を雨や風から守るための覆屋おおいやが見えてきます。

大日石仏までの小道

覆屋の前には「臼杵大日石仏」と書かれた石柱が建っており、周辺は竹林に覆われています。

大日石仏全体像

平安時代末期~鎌倉時代にかけて彫られたものと言われています。長い年月、風雨にさらされ岩が削られてしまい左から3体は顔がわからなくなっていますが、掘り出されたその姿からは丸みと柔らかさを感じられます。案内板によると如来三尊(菩薩坐像、如来坐像、菩薩坐像)です。

如来三尊

さらに右には不動明王と矜羯羅童子こんがらどうじ。こちらは保存状態が良いためかくっきりしたお顔を拝見することができます。密教の世界では、不動明王は最高尊格、大日如来の化身とされています。また矜羯羅童子は制多迦童子せいたかどうじと共に不動明王の従者とされ3体で表現されていることが多いです。

不動明王とコンガラ童子

矜羯羅童子の右にはこちらも風化が激しいですが、制多迦童子です。

セイダカ童子

案内板によると一番左には多聞天立像がいることになっていますが、どうでしょうか?多聞天は四天王の一人で如来の道場を守り、説法を聞くことが最も多いために由来します。北方を守る守護神でもあり「毘沙門天」とも呼ばれますが、四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天)の一人として呼ぶ場合は多聞天と呼ばれるようです。

多聞天座像

大日石仏の前の坂道をさらに上にのぼると、地下式横穴の盛り土があるのですが、これは13世紀~16世紀ごろに建てられたお墓ではないかとされています。

如来三尊

臼杵の摩崖仏は制作年代から言って平安後期から鎌倉時代。全体的に日本に密教(天台宗や真言宗)が伝わった時代でもあり、彫られた仏像も大日如来が中心となっていることからやはり真名野長者伝説の蓮城法師(真言宗)が関わっていたというの話も、あながち理解することができます。

合わせて立ち寄りたい周辺のスポット

写真をクリックしますと、詳細ページにうつります。