臼杵の史跡

臼杵市街地は戦国時代にこの地域を治めたキリシタン大名である大友宗麟公が臼杵川河口の丹生島城(臼杵城)を築城し、南蛮貿易を通して周辺は城下町として栄えました。

江戸に入り、稲葉貞通いなばさだみちが美濃(岐阜県)から入封して以後明治時代の廃藩置県まで約270年以上も稲葉氏の統治下にあったこともあり、臼杵城を中心に寺社 や武家屋敷が多く建てられます。

建物はもちろん、城下町の特徴でもある迷路のような通りは今もそのままの状態で残されており、全国でも数少ない素晴らしい町並みとして評価されています。

臼杵の史跡一覧
史跡名 最寄り駅 見どころ
二王座歴史の道 上臼杵駅(徒歩11分) 城下町の景観、歴史秘話
臼杵城跡(臼杵公園) 臼杵駅(徒歩5分) 櫓、石垣、城からの景観
国宝臼杵石仏 臼杵駅(バス20分) 61体の国宝石仏
旧丸毛家住宅 臼杵駅(徒歩10分) 武家屋敷、書院造り
臼塚古墳 熊崎駅(徒歩12分) 前方後円墳、石人
大日石仏(門前の石仏) 臼杵駅(バス15分) 平安~鎌倉時代の摩崖仏
白馬渓 臼杵駅(バス15分) 渓谷、紅葉、新緑
風連鍾乳洞 臼杵駅(タクシー35分) 総延長500mの鍾乳洞
稲葉家下屋敷・旧平井家住宅 臼杵駅(徒歩13分) 上級武士の武家屋敷
臼杵の史跡

写真をクリックしますと、詳細ページにうつります。