真名野長者伝説と臼杵石仏

大分県には民話や伝説が数多く残っています。なかでも臼杵石仏にまつわるものはいろいろありますが、真名野長者伝説は県内でもよく知られている物語の1つです。

満月寺にある真名野長者夫妻像

満月寺にある真名野長者夫妻像

真名野長者伝説の概要

大和朝廷(4世紀)の時代、豊後の国大野郡三重の山里に、藤治という若者がいました。藤治は玉田の里の炭焼き又五郎にひきとられて育てられます。そして又五郎のあとをついで炭焼小五郎とよばれるようになりました。

奈良の都には、久我大臣の娘で顔に醜いあざのある玉津姫という美しい姫がいました。姫は三輪の神お告げに従って豊後国深田に住む炭焼き小五郎(藤治)の許へ行き夫婦になります。

満月寺にある真名野長者夫妻像

深田の里にある鳥居

金亀ケ淵で顔を洗い玉津姫のあざが消えてなくなるなど、2人は数々の奇跡により富を得て長者となります。そしてその後、般若姫と名付けた1人の娘が誕生します。

玉津姫のあざが消えたとされる化粧の井戸

玉津姫のあざが消えた化粧の井戸(石仏公園)

玉津姫差したアオ杉

玉津姫が深田の里に下向の際に差したアオ杉(石仏公園)

娘は都にまで伝わるほどの美女に成長し、1人の男性と結婚することになりますが、実はその男性は都より忍びで来ていた皇子(後の用明天皇)でした。

皇子は天皇の崩御にともない都へと帰ることになってしまいます。しかしすでに般若姫は身重であった為、皇子は「男の子が産まれたなら、跡継ぎとして都まで一緒に、女の子であったなら長者夫婦の跡継ぎとして残し、姫1人で来なさい」と告げて帰京してしまいます。

産まれた子供が女の子であった為、姫は皇子との約束どおり1人で船に乗り都を目指しますが、途中の周防灘で嵐に会い姫はついに帰らぬ人となります。

玉津姫差したアオ杉

満月寺にある蓮城法師の像

姫の死を悲しんだ長者夫妻は蓮城法師から、天竺にあるという祇園精舎の話を聞きます。そしていまの臼杵市深田の里に満月寺がつくられ、深田の岩崖には仏像を彫らせた。その仏像が現在も残る国宝臼杵石仏である。

関連するスポット

写真をクリックしますと、詳細ページにうつります。