臼杵サイクリング5 臼杵市内から大分市黒ヶ浜まで自転車で!

公開日:

  • 所用時間(往復):約3時間
  • 距離(往復):約50km
  • コース:車少なく、平坦な道が多く走りやすい

”うすきめぐり”というサイトなのに今回は調子に乗って、臼杵市の境界線を超え大分市にある黒ヶ浜という観光地までひそかにポタリングしてしまいました。

大分県は豊後水道(九州の大分県と四国の愛媛県に挟まれた水道)に面していて、海沿いは幹線道路(国道、県道、市道)が走っています。

基本的にほとんどの幹線道路は車通りが多く、ロードバイクなどスポーティにやっている人は別として、ぼくのような趣味で一般的な自転車でゆるく走っているおじさんには、かなり抵抗がありました。

ビシャゴ岩 姉妹岩

大分市・関崎へGo

しかし、今回臼杵市の佐志生から佐賀関あたりまで走った国道217号は、平日でも車が少なくまさに絶好のサイクリングコースでした。

前回は黒島まで行けたので、今回はさらに距離を延ばせるはずと…やはり調子に乗った結果、気付いたら臼杵を離れとうとう大分市まで来てしまった感じです。

佐賀関半島の先端で関崎にある海岸、黒ヶ浜までのライド。今回のルートは下ノ江まで日豊本線沿いから向かい、そこから海沿いを走るコースで片道25kmの道程。

実はこちらから攻めた方が、急な坂もなく行きやすいことがわかりました。残念ながら中津浦周辺の絶景は拝めませんが…ここは体力温存を優先でよしとしましょう。

臼杵市内を出発してまずは末広川に架かる江無田橋を通ります。この後は日豊本線沿いを進み熊崎、下ノ江と県道205号を走っていきます。

コンビニは、この県道205号沿いにそれぞれローソンとファミリーマートがあるのみですが、その先はないのでエネルギー補給系の買い物は済ませたようがよさそうです。個人商店のようなものはいくつかあります。

江無田橋

江無田橋

日豊本線下ノ江駅周辺。この先は造船所が密集している区域です。

日豊本線下ノ江駅周辺

日豊本線下ノ江駅周辺

そしていつも浜公園に向かうとときに通る橋。ここから海沿いコースになります。日陰が少ないので景色はいいですが、暑さはヤバイ。。

下ノ江川に架かる名もなき橋

下ノ江川に架かる名もなき橋

下ノ江海岸、臼杵市立豊洋中学校を通り過ぎて、この先国道217号に合流します。

国道217合流ポイント手前

国道217合流ポイント手前

国道217号をそのまま進んでもよいのですが、浜公園の方面から進みます。周り込む形になるので距離は少し長くなりますが、ゆるいポタリングなのでよしとします。

浜公園手前の景色

浜公園手前の景色

黒島へ渡る渡船場前、サクサク走って通り過ぎましたがこの時期黒島は平日でもシーズンなので、人が多く集まっておりにぎわっています。

黒島渡船場前

黒島渡船場前

そして再び国道217号に合流。この国道ですが、臼杵-津久見間はかなり車通りがありますが、熊崎、下ノ江あたりから徐々に少なくなります。大分方面に向かうにはこちらは遠回りになるからでしょうか。

国道217号合流地点

国道217号合流地点

国道沿いを走っているとちょうど臼杵市と大分市の境界手前にあるトンネル。デザイナーズトンネル?しゃれおつなトンネル。

デザイナーズトンネル

しゃれおつなトンネル

ここが臼杵市と大分市の境界線。”おじゃましまーす”

デザイナーズトンネル

しゃれおつなトンネル

常に海が開けている景色を眺めながらサイクリングできるこの幸せ。

国道217号走りやすくて最高!

デザイナーズトンネル

海沿いの道最高!!

大分市の白木地区の集会場の前で休憩していると、おじさんが現れる。

デザイナーズトンネル

白木のサイクリスト

話をお聞きしていると、この方もサイクリスト(ロードの方)だという。昔は大分、別府、由布あたりの山々をヒルクライムしていた強者。今も大分から臼杵、津久見の長目半島をサイクリングしている健脚の持ち主。

参りました。。

右に行くと関崎方面に、左の小島トンネルは幸崎へ行く道。今回の黒ヶ浜はこの分岐を右に折れていきます。

黒ヶ浜へ向かう分岐

黒ヶ浜へ向かう分岐

さがのせき朝市の会場。佐賀関は関あじ、関さばが有名ですがここではそれ以外の新鮮な海産物を購入することができます。

さがのせき朝市

さがのせき朝市

大分市の佐賀関半島の沖合に存在する無人島、蔦島(つたしま)が見えます。

さがのせき朝市

蔦島

白ヶ浜海水浴場通過。海水浴場はシーズン真っただ中!多くの人で賑わってました。若者多し。汗臭いオッサンは早々に立ち去るでござる。

さがのせき朝市

白ヶ浜海水浴場 海の家

白ヶ浜海水浴場から10分ほど走ると、なんともまあ、きれいな海がまたまた広がる世界。おまけに車が全然はしっとらん!最高じゃん!

関崎の絶景

関崎の絶景

小黒港を過ぎると見えてくる、ビシャゴ浦姉妹岩。初詣の観光スポットです。由来では昔この辺りでイザナギノミコトが落とした御神剣を守護していた大ダコから、剣を受け取るために神武天皇から命を受け命を落とした海女、黒砂(いさご)・真砂(まさご)姉妹を祀っているといわれています。

関崎の絶景

ビシャゴ浦姉妹岩

そして目的地である、黒ヶ浜に到着!臼杵市内から片道25kmのライドです。この場所は日本の渚百選にも選ばれている絶景スポットです。

関崎の絶景

黒ヶ浜の景色

さてここからは帰路、帰りも25kmか。。やれやれ

子供の頃に遠足に出かけ目的地から帰る際、担任の教員から必ず「家にかえるまでが遠足です!」と言われた記憶がふと蘇る。