臼杵裏散歩3 興山寺~塩石の石風呂

公開日:

※臼杵裏散歩とは車通りや人が多く行きかう通りを極力避け散歩に適した裏道を選択したインスピレーションを呼び起こす道を紹介しています。

何気なく興山寺の桜を見た帰りに今まで通ったことないルートを散策してみたら、これまた結構裏散歩に最適な道を発見しました。下の写真はビューポイントから見た、臼杵市街の様子です。天気の良い日は臼杵市街の輪郭がきれいに確認できます。

20200326-urasanpo620道1

今まで興山寺へ向かう場合は、上臼杵駅から東福良方面、臼杵保育園を通り帰りは来た道を引き返していたのですが、今回は下の図のように進んでみました。

臼杵裏散歩3地図

ビューポイントからの眺めを堪能しつつ、歩を進めていきます。

臼杵裏散歩3道2

山道を歩く楽しみの一つは、四季に合わせて山肌の色が変化することです。以下の写真は春の訪れを感じます。

臼杵裏散歩3道3

この辺は道が整備されており、非常に歩きやすくなっています。車も少ないので裏散歩に適した道です。

臼杵裏散歩3道4 臼杵裏散歩3道5

臼杵市の市浜の方角を望んだ風景です。

臼杵裏散歩3道6

上り坂も緩やかなので、歩きやすくときおり吹く風が心地よい感じです。

臼杵裏散歩3道7 臼杵裏散歩3道8

ちょうど市浜あたりを抜ける出口あたりに、温井の石風呂という丘陵の岩壁に掘られた石風呂の跡をみることができました。

臼杵裏散歩3道9

案内板によると、どのように使われていたかは不明だが、この石風呂の前右上方の岩壁には、月桂寺第十世独園禅師が詠んだ詩が陰刻されているようです。

臼杵裏散歩3道9

詩の内容から「疲労回復・病気治療」に利用されていたのではないかと思われています。

臼杵裏散歩3道9

このように臼杵周辺を散策すると、何かしらの史跡に出会うことがしばしば。。一つ一つ残されている史跡の歴史を紐解いて、当時の時代背景をイメージするのもまた、楽しいひと時です。

関連するページ