臼杵 菜の花

公開日:

昔から行き詰った時や問題の解決方法を模索する時に必ずすることが、散歩です。

人間の歩行という行動が心や体に及ぼす効果は、科学的観点からも書籍やネット、メディアなどで公開されている情報があるのであえては書きませんが、そんなことよりぼくはただ単純に歩くことが好きなのです。

基本的には夏以外は散歩に適した季節だと思っています。だいたいの行き先を決めたらリュックにタオル、スマホ、カメラ、財布を入れていつも履きなれている靴を履いて歩きだします。

臼杵市菜の花015

行先は結構本屋が多めです。

歩いて20~30分ほどの距離にある本屋へ行って、さまざまなジャンルの本を読み漁りながら、まったりした後帰ってくるのがここ何年も前からの日課になっています。

ちょうど3月の初めごろ、あきれるくらいさっぱりとした晴れわたった日に、いつものように本屋へ向かって散歩にでてみると、毎回通るなじみのウォーキングコースが菜の花で真っ黄色に染まっているではありませんか。

臼杵市菜の花010  

しばらくこの風景をボーっと眺めていると、着物を着た女性数名とカメラマン、アシスタントと思われる若者がやってきて、この満開の菜の花をバックに写真の撮影が行われていました。

臼杵市菜の花004  

後になって、その時に撮られたと思われる写真が毎月発行される地元の情報誌に掲載されていました。

臼杵市菜の花005

臼杵に移り住みはじめて、1年を通していろいろな場所でみられる花々は毎年恒例の楽しみの一つつとなっています。この後にも続く”さくら”も臼杵ではどのような絵を見せてくれるのでしょうか。